高校時代の勉強法~沖重編~ | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2020年 5月 24日  高校時代の勉強法~沖重編~

こんにちは!

本日のブログは、沖重太翼がお送りします!

明日から緊急事態宣言が解除され、

僕の大学でも授業が始まり、

やっと新生活が始まる!

と思っていたら、

夏休みまで全部オンライン

というのは変更なし。

大学に通うのはおよそ10月から

ということが確定しました!

今日も元気に大学生活送っています!

コロナの影響で、

自宅での勉強が強いられ、

モチベ―ジョンが上がらない生徒さんたちも

たくさんいると思いますが、

どんな環境でも

めげずに頑張っていきましょう!

前置きが長くなりましたが、

本題に入っていきます!

今回は英語の勉強に焦点を当てて

話していきたいと思います!

僕は、高校の時は、

早稲田大学

を志望していました

しかし、

4月の東進模試のスコアは

 

英語 149/200

国語(現古漢) 76/200

日本史 26/100

 

という1年間で最悪のスコアでした

英語だけは自信があったので

それさえも十分なスコアを取ることができず

メンタルはずたぼろでした、、

そこで、

3教科すべてのスコアを

あげるのではなく

自分の武器である 英語 を磨くこと

にしました

 

英語の勉強は、

とにかく

毎日同じこと

単語 

長文 

復習 

音読 

をし続けました

そのなかでも力をいれていたのは

 

単語 と 音読

 

です

 

単語は

鉄壁 という参考書を

毎日1時間必ず声に出して行っていました

 

コツとしては

1語に時間をかけるのではなく

短時間で たくさんの量を

目に入れることが

大事です!

 

「単語は2,3周すればいい。」

 

というものではありません!

何10周もして、

気付いたら、

日本語みたいに読めるようになってます

 

そして、

音読は

1日30回以上

ひたすら行っていました

 

音読をすることで

長文を読むときに

読み返しが無くなり、左読みすることが

出来るようになります

 

さらに、

早く音読できるようになれば

リスニング力 も向上します!

 

さらにさらに、

同じ文を何度も音読していると

そこにでてきた単語構文

自然と身に付いています!

一石二鳥どころではありません!

 

そして、

どちらをやるときも

単語や文を

英語 → イメージ

というふうに

頭の中でも

日本語訳をしないようにすること

が、コツです!

 

毎日同じことをしていると、

つまらないし、これでいいのかと

不安になるとは思いますが

継続することで、必ず英語の力は身に付きます

ただでさえ、辛い期間が続いていますが、

諦めず、一緒に頑張りましょう!

 

*********************************
お申込みはコチラから!!