やってはいけない夏の計画の立て方 | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2020年 7月 5日 やってはいけない夏の計画の立て方

こんにちは、永山です!

最近、じめじめしてきましたね…

湿度が高くて暑かったり

急に雨が降ってきたりと、なにかと過ごしづらく、

風邪をひきやすい時期でもあるので、

体調管理はしっかりやっていきましょうね!

 

と言うことで今回は↓

 

 

今年は夏休みが少ない学校が多く、

7月から共通テストや二次の過去問を解いたり、

理科社会を1周総ざらいしたりする人が多いと思います。

その計画を立てる上で、”やってはいけない”ことを

いくつか紹介したいと思います。

 

①計画を詰めすぎてしまう

②予備日をつくらない

 

やりたいことはたくさんあるのに、時間はあまりない…

そんな時にやりがちなのがこの2つです。

しっかりと実行するには、ある程度ゆとりのある計画が大事。

詰めすぎた計画は、

達成できないことによってストレスがたまったり、

最終的に計画が意味をなさなくなってしまったりしてしまいます。

 

予備時間や予備日を作っておくことで、

達成できなかったときは埋め合わせを、

達成できたときは+αをできるので

いいことずくめです!

 

③立てっぱなしになっている

 

計画を立てたら、1日ごとや1週間ごとに、

振り返りをしましょう!

自分が実際どのくらい予定に沿って勉強できるのか、

今の計画のままでいいのか、をこまめに振り返り、

適宜修正を加えていくことが大切です!

 

段々自分のペースが分かってきて、

無理なく最大限の勉強ができる計画

が立てられるようになると思います!

 

勉強計画は人によってペースやスパンが違うもの。

時間ごとにきっちり立てた方が出来る人もいれば、

1日ごとの方が自由がきいていいと言う人もいます。

今のうちから立てる習慣をつけて、

夏の時間を効果的に使いましょう!

 

*********************************
お申込みはコチラから!!