伸ばしたいという強い気持ち | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2017年 2月 10日 伸ばしたいという強い気持ち

 

こんにちは!

三國屋です!(^^)!

昨日は

都内にもがちらほらと。

受験日だった人は

お疲れさまでした!

受験期ということで

僕の受験生時代においても

この時期は

非常に非常に

ナイーブでした。

ナイーブな時こそ

僕はこう思うようにしていました。

自分はここで試されている

負けても、チャンスは絶対来る

まだやりきれていないこと

たくさんあるけど

結果はいずれにせよ出る

だったら

自分が将来誇れる受験にしてやろう

 

勉強に身が入らなくなること

全然あります

そんなときふと

「何をしたくて勉強していたのか」

考えてみてください。

プラスな言葉は

自分の思っている以上にパワー

あります。

人間を動かしているのは

意識

では意識を動かすのは

そう

言葉

上手くいっていなくても

前向きに生きていける人生

かっこいいな、強いな

って思います。

受験生で不安な子

校舎に来て一緒に

話しましょう!

 

さてさて

受験生に対して想いが

溢れてしまったのですが

本題に入りましょう!(^^)!

本日のテーマは・・・

↓↓こちら↓↓

2月19日の模試に向けて

新学年の皆さん

目標を明確に立てられていますか?

英語伸ばしたーい

数学伸ばしたーい

国語伸ばしたーい

10人いれば10人それぞれ

志望校も異なれば

目標とする点数も異なります。

いま

みなさんはを基準にして

目標得点を決めていますか?

ほとんどの人が先輩たちの

その時期の合格者平均点

から決めていると思います。

でもよーーく

考えてください。

みなさんが本当に

第一志望に受かりたいのであれば

先輩たちの点数を

より早い段階

超えるに越したことは

ありませんよね!?

そこで全ての学習の肝に

なってくるのが

そう!

高速マスター

もちろん受講も大切です

ただ少なくとも

英単語1800の単語を授業で

覚えるより、覚えて授業に臨むこと

が出来れば、より多くのこと

を学ぶことが出来ます。

では本題。

2月模試の点数を伸ばす秘訣

自分が各科目の何を伸ばすか明確に!

英語であれば、長文の正答率

を上げたいとなったとき

長文の正答率を上げるために必要な

ことを考えましょう。

数学であれば、各単元における

自分の苦手分野を克服することが

点数UPの秘訣になります。

模試後の面談をする際に

自分はこの模試に向けて

何をやりきったのか

答えられるように

しましょう。

そうすることが次回の改善点に

繋がるのです。

現段階の目標点数に甘んじない

勉強面だけでなく

精神面もこの時期から鍛えましょう。

50メートル走で良い結果を

出したいとき、60メートル先を

ゴールに見据えるイメージが大切です

新高1,2生の子は

今から8月までの計画を見据える

新高3生の子は

4月、8月の計画をきちんと立てる

ことで今自分に何が足りないのか

見えてくるでしょう。

 

長々と連ねましたが、

結局何が大切かというと

伸ばしたいという強い気持ち

です。

 

今の2月で結果を出せなければ

という強い想いを持って

残り1週間やってやりましょう!

 

******************

 東進で一緒に勉強しよう!

お問い合わせは

こちらから!