参考書の選び方 | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2017年 10月 15日 参考書の選び方

こんにちは!担任助手の加納です!

気が付けばセンター試験まで

あと90日を切りました!!

週間で換算するとあと13週間弱、、

時間の流れの速さをひしひしと

実感します

でも、そんなときだからこそ、

焦らず、今自分のできる

最大限の努力を続けていけば

必ず結果はついてくると

信じています。

さて、今日のテーマは

 

参考書についてです。

 

参考書って、本屋さんにいくと

すごくたくさんの本が

並んでいて、どれを選ぼうか

迷ってしまうと思います。

そこで、僕の参考書の

選び方をご紹介します!

 

①分量

買う参考書は、

自分がやり遂げられるものに

しましょう!!

センターギリギリに終わる量の

参考書では、その内容を

自分のものにすることはできません。

参考書は、2周目からが勝負と言うことを

心に留めておくようにしましょう

 

②解説の丁寧さ

これは言わずもがなだとおもいますが、

解説は丁寧なことに越したことは

ありませんね!!

 

③網羅度

単語帳とかだと、

参考書の一番最初の方に

カバー率が書いていると思います。

それは数学などでも同じで、

さまざまな種類の問題が

載っている参考書の方が

やり切った後に吸収できる

ものも多いはずです。

 

僕はだいたいこの3つの視点で

決めていました!!

あとは見易さだったり

ネットの口コミも参考にしていました。

(口コミは参考にしても実際に見た方がいいです!)

 

でも、網羅度が上がれば上がるほど、

分量は増えていってしまいます。

だから、3つのバランスがとても大事です。

網羅されるべき問題と言うのは、

志望大学によっても時期によっても

変わってくるはずです。

参考書の自分に必要のない問題は

見極められると非常に良いですね!!

 

参考書の選び方について書きましたが、

テーマが

「担任助手が薦める参考書」

なので一つだけ僕が使っていた

参考書を紹介します。

河合塾さんの、

やっておきたい英語長文」シリーズです。

英語長文の参考書なのですが

レベル別(総語数別)になっているので

今の受験生から高1生まで

使える参考書となっています!

解説もかなり丁寧で、

分量も程よく、

入試で扱われやすいテーマの長文が

そろっています!

先に挙げた3つの要素のバランスが良いです!

ちなみに僕は高2からこれを使い始め、

東進の受講と並行して進めて

英語の学力を大巾に

伸ばすことができました!!

 

参考書の合う合わないは

人によって違うので

実際に自分で本屋さんで比較して

選ぶようにしましょう!

僕もいろいろな参考書を

受験生の時にみてきたので、

困ったときはいつでも相談

してくださいね!!

 

長くなってしまいましたが、

参考書は2~3周して初めて

自分のものにできます。

すぐに次の参考書に

目移りする気持ちもわかりますが

自分の今やっている参考書を

信じてやり切ってください!

参考書選びはそれからにしましょう~(^o^)/

***************************************

 

お問い合わせはコチラから!!!