暗記科目の覚え方! | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2017年 11月 15日 暗記科目の覚え方!

こんにちは!田村です!

風邪を引いてしまいました。。。

皆さんも風邪には気をつけていきましょう!

さて、本日のテーマはコチラ↓

暗記科目の覚え方です!

この時期、

マニアックな単語を覚えたりするのに苦労している受験生も多いと思います。

僕も以前はそうでした。

なので、本日は、

暗記科目のやり方をつらつらと書いていきたいと思います!

 

①受講や教科書で範囲を一周する。

これは多くの受験生は既に通過してきたと思います。

この時に注意してほしいこととしては、

最初から完璧に覚えようとしないということです。

最初から重箱の隅をつつくような覚え方をするよりは、

物事の流れや仕組み、

重要な単語をしっかり押さえる方がいいです。

 

このようにして範囲を一周した後は

②アウトプットをする

といいです。

具体的に言うと、

問題集を解いてみる

大学の過去問を解く

等です!

ここで間違って欲しくないのは、

問題を解く目的です!

あくまでも問題を解くのは

苦手な分野を見つけ出し、自分の実力を最適化するためで、

問題を解くこと自体が目的ではないです!

なので僕は解くこと自体よりも、

その解いた後に多くの時間を割いてほしいと思っています。

 

ということで解いた後は

③復習をして、自分をその問題傾向に最適化させる。

という作業をして欲しいです。

これは、

復習をして、

似たような問題形式が出た際は

しっかりとれるように対策を積むということです。

例えば年号がとても出る問題が出たら、

主要な年号を押さえる。

地図が出る問題なら、

地図帳を読み込んでみる。

出来ることはたくさんあります。

 

こうして復習まですれば完璧というわけではなく、

そうして学んだことをしっかり確認することで、

備えは盤石になります。

例えば、

夜寝る前にその日メモした内容を確認する、

朝の電車の中で出来なかった範囲を見直す。

こうすることで記憶が定着します。

 

最後に、

もし今受験生で暗記科目が伸び悩んでいる、

もしくは

これから暗記科目を始めるがどうすればいいかわからない

 

なんて人がいたら相談に乗りますので、

気軽にお声掛けいただければと思います。

***************************************

お問い合わせはコチラから!!!