残された22日をどう過ごす? | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2020年 12月 25日 残された22日をどう過ごす?

 

ですね!

キリスト教系の学校に

通うようになってから、

12月25日はいつもよりも

特別な日だなと感じます。

クリスマスケーキ

食べるのは日本だけの

特有文化だということを

皆さんはご存知でしょうか。

日本のケーキ屋さんが

売り上げを伸ばしたくて

始めた文化なんですよね~。

形は様々ですが世界色々なところで

今日という日が

大切に過ごされていると

思うとなんだか

心が温まります!

私たち担任助手は

そんな大切な日もいつもと変わらず

みなさんを元気にお迎えしています!

海浜幕張校の担任助手とも

素敵なクリスマスを過ごしたい!!

そんな心優しい方は

ちょこっと登校して

みませんか?

今日のテーマは

こちら!!

共通テストまで

残すところ

22日

となりました。

どれだけ準備が間に合わなくても

あと22回寝たら

本番です!

今回は本番に準備すべきモノ

について

少しお話させて頂きたいと

思います。

 

 

まず最初に服装ですが

だいたいの人は

制服かあたたかい私服

が多かったです。

私は勉強する時は大体

学校帰り制服で

だったので

勉強し慣れている

制服で受験しに行きました。

さすがに試験は校則関係ないので

かなり中身は

温かい恰好をしていたと思います。

あと個人的に必要だったのは

カイロとチョコ系の一口おやつです

カイロは寒がりなので

個人的にも必需品でしたが

やはり本番会場も

廊下がとにかく寒くて

トイレ待ちなどで重宝しました。

また、極度に緊張しすぎて

お昼ご飯のお弁当は

喉を通らなかったので

一口で糖分を補給できる

チョコやつまむ系のお菓子

かなりあってよかったと思いました。

 

 

次に当日やることについてです。

当日私は

過去に間違えた問題をまとめたノート

を持参して、実施教科の前に

読んでいました。

個人的なポイントは

新しい問題に一切触れない

ということです。

不安をあおるだけだと

思っていたので

忘れていた自分の

弱点を思い出す

ということだけに

集中していました。

また、英語のリスニングでは

東進で使用される

大門別演習

リスニング音源を聞き、

耳を慣らすことを

意識していました。

また不安な人は

過去に解いたことのある

長文や問題集を

実施して

答えをすいすい出す

感覚を体に染みつけると

リラックスして

試験に臨めると思います。

 

 

色々なことを話したとはいえ

不安を一番解消してくれるのは

自分の勉強量からくる

 

自信

 

だと思います。

私は最後までそれを

持つことが出来ずに

試験で何度も折れそうになりました。

自分を支えてくれるのは

結局自分です。

そのことをぜひ

わすれないでくださいね!

あと22日、未来の自分を勇気づけるためにも

今この時を全力で

過ごしていきましょう!

*********************************
お申込みはコチラから!!