澤井 ラストブログ | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2021年 4月 24日 澤井 ラストブログ

初夏のような暑さの中

本日のブログは

東進1熱い男、澤井で

お送りいたします!

 

僕は、担任助手として累計約40回

東進ブログを書き連ねてきました

初回のブログはこんなにも拙くて…

こんなところで、自分の微々たる成長を感じました

 

僕は、自身の夢のために担任助手を卒業します。

今日はその締めを書かせていただきます

文章だけになるけど許してください! 

 

応用理工学類物性工学専攻

いきなりですが僕の所属する専攻の名前です

 

研究している内容が本当に面白くて

ここの専攻を選択しました!

 

太陽光パネルでの

から電気への変換効率をどれだけ

高められるか

 

新しい法則を発見し、原子レベルの

ミクロ的視点から改善するのではなく、

材料の特性を最大限引き出して、

応用するマクロ的な視点から

技術を日常生活に還元する

 

これが僕の所属している学類が

やっていることの一つです

 

めっちゃかっこよくないですか!

僕らの技術が日常生活に活きる

というワードに僕の心は動かされました

 

当然、今はやる気満々!なのですが

ここに行こう!と思ったのは

大学2年生の秋頃です

 

遅っ!て思われるのも仕方がない…

でも、ここにきて自分のやりたいことを

やっと見つける事ができました

 

この機会に巡り合えたのも

学びながら、色々な選択肢を見ることができる

筑波大学のおかげです

 

今はやりたいことが

上手く声に出ないかもしれません

 

であれば、

色々な機会に触れてみてください

様々な人と話してみてください

多様な文化を知ってください

 

どのチャンスが

あなたの夢を引き出すかはわからないので

できることはやってみましょう!

レッツゴー!

 

 

最後になるので、自分の最大の夢を。

僕は、他人の文章を読むのが好きです

作者がどういった価値観を持っているのか

その世界をどういった語法で共有してくるか

上記諸々、自分一人では

到底思いつきそうのない世界が見れるからです

 

例えば、

第155回芥川賞

(優れた純文学を書いた新人に与えられる賞)

『コンビニ人間(村田紗耶香)』

普通とは何か。現代の実存を問う作品です。

漠然にまとめると、

価値観が普通とずれている主人公からの

世界が語られる話になっています

 

普通の視点のみでは書けない話で

没入しようにも作品に拒否される

違和感がすごいです

 

将来は、僕が発信する側になって

多くの人に

文章の面白さ、世界観の豊かさ

を広めていこうと思います

 

どの立場であろうと、僕自身”文章”に携わるので

暇な人は待っていて欲しいです

********************************

僕の受験生活を支えてくださった皆さん

また、僕を支えてくれた社員さん及び、

同期と後輩たち

色々とお世話になりました

 

僕が担当させていただいた生徒の皆さん

僕はみんなを誇りに思います

 

得られるものは多かれど

与えられるものがあったかは不安ですが、

それぞれの道で頑張ってください

 

海浜幕張校に関わる方々の、今後の

ご活躍を心よりお祈り申し上げます

 

********************************

お申込みはコチラから!!