綿引が受験生に伝えたいこと | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2017年 12月 4日 綿引が受験生に伝えたいこと

こんにちは!

担任助手3年目

綿引です!!

いよいよ12月!

受験生の皆さんは

今まで以上に

センターや入試を意識して

日々生きているのでは

ないでしょうか?

不安ですか?

ワクワクですか?

いろんな気持ちを持った人が

いるとは思いますが

あえて今皆さんに

伝えたいことがあります

それは、

「たかが受験、されど受験」

ということです

ないが言いたいかと言うと、、、

まず、大学受験に成功したから

人生バラ色ということもなく

大学受験に失敗したから

人生お先真っ暗ということは

決してない。

受験の「結果」なんて人生全体で見れば

1つの通過点でしかありません。

だがしかし、同時に言えることは、

皆さんが受験を通して

自分とどう向き合い

どのようにやり抜くかということは、

人生を左右するくらい

とても大切なこと

でもあります。

もっと言えば、

受験を「成功」と言えるのは、

親でも友達でも先生でもなく

誰よりも真剣に自分と向き合ってきた

自分自身しかいません。

僕が担任助手1年目にもった男の子に

東京海洋大学に進学した子がいます。

海洋大は偏差値がすごい高いわけでもなく

決して皆が知る有名な大学でもありません

当時の僕も知らない大学でした。

彼ははじめて東進に来たとき

僕は海に興味があって

調べたら海洋大に行きたくなって

その試験ではなにが必要で、、

と全てを教えてくれました。

僕はこの時、

この子は絶対受かると思いました。

実際、しっかりと努力し

合格し今も目を輝かせて大学に行っています。

一方で、慶應義塾大学に通っている僕は

いわゆる高学歴の大学で

いろんな人に出会ってきました。

大学生はみんなの想像を超えるくらい

自由でそして厳しい環境です。

4年間という時間の過ごし方を

決めてくれる先生もおらず、

全てを自分で考えて判断しなくてはいけません。

皆さんにその準備はできてますか?

就職活動を迎えたいま、

自分と向き合うことの難しさを

身に染みて感じているからこそ、

逃げずに自分と向き合って

残り数か月を

やり抜いて欲しいと

強く願っています。

行き詰りそうになったら

不安に押しつぶされそうになったら

焦りでなにも手につかなくなったら

一旦手を止めて

「なんのために受験をするのか」

ということを

思い起こしてください。

皆さんの価値を決めるのは、

テストでも大学でもなく

皆さん自身です。

***************************************

お問い合わせはコチラから!!!