高校時代の勉強法~辻編~ | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2020年 5月 21日 高校時代の勉強法~辻編~

皆さんこんにちは

授業に慣れ始め

課題も着実に終わらせ

今のところ順調な大学生活を送れている

です

 

 

さて

今日は

です

もう当の昔のように感じられ

あまり覚えてませんが(早い)

僕がこの時期どのように勉強していたのか

お教えいたします

皆さんとは状況が違うので

参考程度になるかわかりませんが…

自分に還元できるものだけ取り入れて下さい

 

 

思えばこの時期は

ちょうど部活が終わり

勉強に本腰を入れていたころです

 

この時期は

朝は早く学校に行き1時間ほど勉強

自分のクラスは10分休みに

弁当を食べることが許されていたので

(勉強優先であれば色々許されていましたw)

昼休みは丸々勉強にあてられました

放課後は学校に残って1時間ほど

日本史の授業の復習をしていました

そうすることで

分からなところはすぐに先生に質問できました

その後塾に行き

高マス100個以上(復習も含め)

受講を1コマ

それが終わったら

その日にやるべきことの残りをやっていました

例えば、学校の宿題、数学の演習

苦手科目の古文漢文英語の基礎固め

帰りの電車は単語帳をやっていました

ざっとですが

一日のスケジュールはこんなものです

 

夏休みまでは

苦手科目(古文漢文英語):ひたすら基礎固め

得意科目の数学:受験問題レベルの演習&基礎固め

(学校の授業が基礎固めでした)

日本史:授業の復習を徹底的に

という感じです

ただ

全ての科目において(受験科目)

学校の授業はとても大事です

学校の授業をうまく活用してください

 

夏休みは

苦手科目:ひたすら基礎固め&センター過去問&大問別

数学:演習&センター過去問&大問別

日本史:基本事項確認&大問別&二次試験

(二次の過去問を利用して、習っていない所を学んでました)

というかんじです

センター用の社会第二解答科目も、夏休みから勉強し始めました

 

 

 

 

皆さんは、今の時期を夏休みと考えて下さい

だだ、焦って基礎を疎かにしたままの演習は

無意味であると思います

まだ間に合います

時間は思っているほど少なくはありません

基礎固めの時間はは夏休みまでとっても構いません

時間がないと焦って、勉強の仕方を

間違えないようにしましょう

しっかりと、合格から逆算して

今何をやるべきか考えましょう

 

しかし、

夏休みに十分な時間が取れない分

早急に完成させることをおすすめします

 

もう基礎が固まっているのであれば

大問別を利用し、演習を積み重ねましょう

 

 

夏休みは受験の天王山

と担任の先生から言われました

皆さんにとって受験の天王山は今です

もう一度身を引き締めて、

勉強に勤しんでください

 

 

 

その他何か聞きたいことがあれば

塾が再開したらいつでもお待ちしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、また肌寒い日が続いています

受験は体調管理が命です

風邪をひかないように気をつけて下さい

とはいっても

もし、ひいてしまっても

そんなに影響はありませんので

ゆっくり休んでください

 

 

 

 

*********************************
お申込みはコチラから!!