加納流過去問演習法 | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2017年 9月 22日 加納流過去問演習法

こんにちは!早いもので9月も

もう下旬に入ってきましたね。

昨日受験生向けのHRも行われ、

残りの受験生活の戦略が

見えてきたのではないでしょうか?

おそらく皆さんの勉強の

核となってくるのは

過去問演習

ではないでしょうか?

そんな過去問演習ですが、

ただ解くのと配点を意識して

戦略的に解くのとでは

効率が圧倒的に違います!

 

 

今から僕が行っていた二次試験の戦略を

伝授したいと思います!

 

①まず、1~2年分を全力で解きます。

この時、だいたいの難易度を把握していきます。

 

②センター試験での得点を3パターンくらいに分け、

合格者平均点から引いて二次で何点取るべきなのか

把握する。

EX)センター450+二次400=850の試験で

2017年度合格者平均点650点の場合

(1)センター9割=405点の時

二次試験でとるべき点数=650-405=245点

(2)センター8割=360点の時

二次試験でとるべき点数=650-360=290点

 

↑のような感じです!

この時のポイントは、

合格者平均点を見ること!

合格者最低点を目標にしていては、

越えることは難しいと考えます!

 

③②の二次試験でとるべき点数を

科目別にして具体化する!

この時、①でだいたいの難易度を

わかっているはずなので

「このままではまずい」とか

「この科目を上げないといけない」

とかが見えてくるはずです!

 

以上が私がやっていた方法です。

3年分くらいシミレーションしました。

実際これをしていたので

センターは高得点必須ということが

わかったり、

最後に救われたりしました!

その話は機会があればまたしますね!

文章ではうまく伝わったか

わからないので、疑問などあれば

いつでも聞いてくださいね!!

***************************************

 

お問い合わせはコチラから!!!