SSこそ合格への第一歩なり | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2016年 10月 5日 SSこそ合格への第一歩なり

 

こんにちは!

武田です!

久しぶりに火曜日のブログ書きます!

今日の話題は全学年に共通する

合格への秘訣です!

 

 

そうです

修了判定テスト

です!

みなさんSSにしていますか?

これを聞いて

「ギクッ」となった人も多いでしょう。

修判に合格しなくても

次に別の講座が出来てしまうので

受講に追われるあまり

おろそかになっている人が多いと思います。

また、修判を受けても

A判定で諦める人や

S判定で満足する人

も多数います。

しかし、担任助手が

口酸っぱく言っているように

修判はSSだからこそ

意味があるのです。

 

まずはじめに修判は

本番の試験問題を

分野ごとに分けた

問題です。

皆さんは

英語…文法、構文、長文etc

数学…ⅠA、ⅡB、微積etc

国語…現代文、古文、漢文etc

とそれぞれの分野、形式別で

受講をしています。

修了判定テストは

その分野、形式の総まとめテストです。

そして模試や本番の試験は

その分野をすべて集めた問題と考えてください。

 

ではなぜSSを取るのか

例えば

明青立法中に合格する場合

センター試験で8割以上の結果が

必要になります。

修判では80点以上がS

90点以上がSSです。

もし各分野が80点の知識で

本番に臨んだ場合

その知識を

一つの取りこぼしもなく

発揮出来たら

8割に乗りますが

一つでも落としたら

8割を取ることが出来ません。

しかしSS(9割~満点)を

取り続けた場合はどうでしょう?

多少の取りこぼしがあっても

8割を超える確率は高いですし

9割を超える可能性もあります。

このように修判をSSにすることは

本番で高得点を取る可能性を高めるために

非常に重要になってきます。

 

受験は一発勝負です。

その日の自分の実力で

合否が確定します。

その一発勝負に勝つ可能性を

高めるためにも

受験生は残りの日々を

高1,2生は本番の1年前2年前から

修判でSSを取ることを習慣化して

本番で高得点を掴みとりましょう!

 

 

*******************************

 

模試などのご質問や

 

校舎へのお問い合わせは

 

コチラから ↓