年末、2019年を顧みてどうですか? | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2019年 11月 27日 年末、2019年を顧みてどうですか?

年も

遂に締め季節を迎え

行く年となって

しまいそうです

 

そして

周りの個上

の先輩方は

成人式の下準備を

着々と始めてきました

 

受験生らは

センター試験の

実感が湧いてきた

ことでしょう

 

低学年の方々は

勉学に励もうと

やる気を出してきたころ

だとは思います

 

みなさん、今から自分の

勉強計画考えられていますか?

 

皆の周りには

頭の出来が元から違うような

天才”と呼ばれる人たち

ちょこちょこいますよね

 

”秀才”、”鬼才”、はたまた

”文豪”と呼ばれる方々

 

幼少期

何をされてたんでしょうね

本当に羨ましい。

 

19にもなると将来を

思い、よくうってもんですよ

 

今回は受験と言うテーマで!

この言葉を贈ろうと思います

これは

元1000円札の肖像画の方

野口英世氏のお言葉です

 

みんな大体このくらい

やってるし

なんなら周りの人よりも

ちょっと多く出来てる!」

 

周りと比べる時点で

3流な気もしますが

周りは、あなたの思っている

以上に

努力しています

 

なら、信じる者は自分のみ

今の何倍も勉強すべきです

 

その努力は

誰かが、なんなら

僕らがちゃんと見てます

 

そして、周りの友達と

勉強時間について話すのであれば

「ここまで”しかやってないや”」

ではなく

「ここまで”やったんだぞ”」

ぐらいの強気になって欲しいです

 

互いにいいライバル

なってください

 

また、”受験は団体戦だ”

というのが僕の高校の

校風でした

 

全くその通りだなあ、と

 

人間は何のために

地球上に蔓延っている

のでしょうか

 

高校には

なぜクラスという

くくりまで

出来ているのでしょうか

 

その中で支えあうから

皆で助け合うのが

人間であるうえでの

至上命題であります

 

良き友、良きライバル

をいっぱい作りましょう

 

なんなら、僕も手伝いますよ

「大丈夫、どうにかなるさ」

**********************************

お問い合わせはコチラから!!