受講と過去問のバランスとれてますか? | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2018年 10月 6日 受講と過去問のバランスとれてますか?

こんにちは

今日は天気いいですね!

 

 

これは毎年受験生が頭を抱える問題ですね

今年もあと3か月しかないという状況で

何をやればいいのか

分からなくなることあると思います

受講過去問どっちもやりたいけど

時間が無くて焦るなんてことはよくあります

皆さんは受講と過去問、どちらか一方に集中して

もう片方がおろそかになっていませんか

この時期になると

受講しなくていいですか、

過去問2,3年分だけでいいですか

やる時間がありません

などというセリフを時々耳にします

私も受験生だった頃時間がなくて

焦っていました

しかし実際片方だけでいいのかといったら

そんなことはありません

いま残っている受講は自分がまだ理解していないところや

もっと出来るようにしたい分野を伸ばすために

受験直前にやるべきことを考えて自身で選択したものです

自分で選んだものですから

受講は今の自分が最もやるべきことなはずです

過去問は自分が受ける大学を知るためには欠かせません

戦う相手のことを何も知らずに戦に臨むなんて

恐ろしいことです

部活の試合やゲームする時でも

戦う相手に合わせて

戦略を練ると思います

それと同じように過去問やることで

その大学の入試問題の傾向がわかり

慣れると同時に自分が何をできるようにしておけばいいのか

わかってきます

解く年数が多ければ多いほど向こうの特徴がつかめるので

より対策しやすくなります

当たり前なことですが

受験で満点取る必要はありません

その大学の合格点に達していればいいのです

なのでもあれもこれもやろうとはせずに

タイムリミットが迫ってきている今

物事の優先順位をよく考えて

作戦を練ってください!

個人的な経験では大学受験は

出願校も受験勉強も戦略次第で

合否変わってくると思うので

頑張ってください!

**************************************

お問い合わせはコチラから!!!