修判をSSにしよう! | 東進ハイスクール海浜幕張校|千葉県

ブログ

2018年 10月 16日 修判をSSにしよう!

こんにちは!

10月が一番好きな吉井が書きます

今日は受験生にも高1.2年生にもよんで欲しいです!

校舎でよく言われることで

もう耳タコだよ!っていう人も多いと思うんですけど…

今日のテーマはこれ!

さんざんいろんな人に言われてますよね…

「修了判定テストやって!」

「修判おわった?」

「はやくやっちゃいなよ!」

毎日誰かに言われてる人もいるかもしれません

なんでここまでしつこく言うんだろう

って思う人も多いと思います

でもここまでしつこく言うのには

ちゃんとした理由があるんです!

そもそも修了判定テストというのは

その講座がしっかりと理解しているかというのを

確認する為にあるものです

自分では完璧に理解したと思っていても

このテストを受けたら意外とできなかった

というのがよくあることです

実際わたしも生徒時代そうでした

受講終了後すぐにやるのが一番効果的です

時間が経ってからやると内容を忘れてしまって

なかなか合格しないこともあります

新しい情報をインプットしたらすぐに

アウトプットするようにしましょう!

もう一度理解するのにとても役立つのが修了判定テストです

さらに特に受験生の人は多いと思うのですが

もう過去問をやらなきゃだから

受講をする時間がない

という人もいるかもしれないです

そのような人は修了判定テストをやることで

その講座の受講を思い出して理解することができると思います

さらに!

修了判定テストでSS判定をとると講座によって異なりますが

向上得点が5点~10点入ります!

高速基礎マスターと同じくらい入るんですよ!?

驚きですね!

向上得点というのは入学のときに説明があったと思うんですけど

努力量を数値で表したものです

もちろん向上得点だけで努力量を判断することはできないけど

判断材料のひとつだと思ってもらえればいいです

つまり

向上得点が高い人はたくさん努力をしているひと

ということになります

努力量が目に見えるのは嬉しいですよね!

受験生も高1,2年生も

テストを溜めている人はとっても多いです

溜めていいことないので

周りに言われる前に

自分でやっちゃいましょう!

絶対に意味があるテストです!

やらないメリットはありません

さあ、今すぐやろう!

 

 

 

**************************************

お問い合わせはコチラから!!!